ペットの火葬から納骨・供養・葬儀まで、まごろろの大阪ペット霊園社

火葬から納骨まで1級ディレクター僧侶が葬儀を執り行います 大切に供養してあげたいからすべて個別火葬で執り行います

♢大阪ペット霊園社における湯灌の儀とは♢

葬儀を行う前に、亡くなったペットちゃんを、シャワーやブラッシング等で清める事をいいます。

最近では、ラストメイクともいわれ、ご遺族様の悲しみを和らげる効果もあるといわれています。

当園では、スタッフが真心をこめて、大切なペットちゃんの最後の身支度をお手伝いさせて頂きます。

 

<湯灌の必要性>

湯灌の必要性には大きく分けて二つの理由があります。

宗教上の理由

宗教教的な観点では、湯灌は来世への旅装束を整えるための一環として行われます。
亡くなったペットちゃんの現世での疲れ・汚れ等の不浄を『心身共に洗い清めるという意味』と、
赤ちゃんが生まれた時に産湯に浸かるように『新たに来世へ生まれ変わるためにという願い』が、
込められた儀式です。

衛生上の理由

亡くなったペットちゃんの身体は、亡くなったときから徐々に腐敗が進み、

体液漏れや出血、皮膚の変色なども起こります。

最後に湯灌をもって身体を綺麗にする事は、そういった身体の変化に対する保護手段のひとつです。

またノミなどの害虫を洗い流し、お別れのその時までペットちゃんのお身体を清潔に保ちます。

 

<湯灌の内容>

 

① シャンプー、トリートメントで体を清めます。

② 爪が伸びている場合は爪切りを致します。

③ ブロー、ブラッシングをして、毛並みを整えます。

④ 専用のお棺に布団を敷きペットちゃんを寝かせます。

 

<ご遺族様にご用意して頂きたい物>

ペットちゃんの思い出の品、生前着ていたお洋服、お花など
※材質によってはご火葬が出来ない場合があります。
※ご供養の際にお棺に入れて頂く事は可能です。


※ペットちゃんの状態によっては湯灌の儀をお断りさせて頂く事がございます。
ご遺体の状態等によってはご希望に添えない場合もありますので、まずは、ご連絡ください。