ペットの火葬から納骨・供養・葬儀まで、まごろろの大阪ペット霊園社

火葬から納骨まで1級ディレクター僧侶が葬儀を執り行います 大切に供養してあげたいからすべて個別火葬で執り行います

彼岸花

沢山の花言葉が存在する彼岸花、名前の由来は、彼岸の時期に咲くからだそうです。また別名も多く、花が咲いた後に葉っぱが伸び、秋に咲いて春に枯れるという通常の草花とは逆の生態を持ち、その葉と花を一緒に見ることがない性質から「葉見ず花見ず」と呼ばれ、昔の人は恐れをなして、死人花(しびとばな)や地獄花(じごくばな)などと呼ぶこともありました。
日本では不吉な花としての印象が強いですが、韓国では「相思華」と呼ばれ、お互いを思い合う花として、欧米では様々な色に品種改良され鑑賞用として親しまれています。

 

大阪ペット霊園社 フェイスブックより