ペットの火葬から納骨・供養・葬儀まで、まごろろの大阪ペット霊園社

火葬から納骨まで1級ディレクター僧侶が葬儀を執り行います 大切に供養してあげたいからすべて個別火葬で執り行います

野良犬クロの恩返し

毎朝の霊園のお掃除がすむと私は必ず供養塔の前で手を合わせます。

たくさんのペットちゃん達が見守っていてくれるようで不思議と気持ちが落ち着いてきます。

寒さも日増しに厳しくなるこの時期、決まって思い出される出来事があります。年の瀬も押し迫った十二月三十日、私はペット霊園に御参りに来られるお客様の知らせで、警察署に保護され保健所に連れて行かれる犬たちを引き取りに行きました。

この日からマルチーズとコーギーの二匹は家族の一員となりました。今までどんな辛い経験をしたのかと考えるだけで涙が出てきます。

これからは何も心配しなくていいんだよと声をかけ今でもこの二匹たちは元気に私達と暮らしています。

ある夜、二匹をつれて堤防に散歩に行きました。真っ暗で何も見えない状態だったのですが、人が誰も居ないので散歩しやすいかと思い、安易な気持ちで堤防の土手をゆっくり降りていきました。

すると、突然草むらから、「ワンワン、ウー」とうなり声が聞こえ、何十匹もの野犬が一気に土手を登り私達に向かってきたのです。

私は危機感を感じました。楽しい散歩が一転して恐怖へと変わったのです。咄嗟にマルチーズを抱きかかえコーギーのリードを外し、「逃げてっ!」と心の中で叫びました。

コー ギーも何かを感じたのか慌てて暗い中逃げていきました。「お願いあの子を助けて神様!」と、あっという間に私達は野犬に囲まれてしまいました。恐怖で涙が あふれ身体中がガタガタ震えて、一歩も動くことが出来ません。マルチーズの子をギュッと抱きしめ、この子だけはなんとしてでも守らなければ、という必死の 気持と共に初めて身近に死というものを感じました。もうこのままこの子と!と最悪の事態まで覚悟したその時、土手の上の方から「ワン!」とうなる声が聞こ えました。

見上げると、暗闇でハッキリは見えませんが、一匹の犬の気配がしました。確信は無かったのですが、「そこに居るのはクロ?クロなの?」私は思わず「クロ!」と叫んでいました。クロに助けを求めるかのように…。

見覚えのあるその犬は土手を一気に駆け下りてくると、野犬達に立ち向かって行ったのです。野犬達はあっという間にちりぢりに逃げていきました。

 私は一瞬の出来事で、今までの緊張と恐怖のあまりその場にへたり込んでしまいました。目の前には尻尾をふっているクロが立っていました。思わずクロの首に抱きつき泣きながら「ありがとう、ありがとう」と何度も何度も繰り返していました。

 ク ロは近所の野良犬でした。飼い主は引越しと同時にクロを捨てて行ったようです。人に危害を加えたりする犬ではなかったので、犬好きな人から餌をもらったり して暮らしていたようです。餌をもらってもその場では食べず、人の気配が無くなってから食べる、警戒心の強い犬でした。

ク ロは家の前の狭い路地を寝床にしていました。当時居酒屋でアルバイトをしていた私は、夜遅く帰宅しクロに「ただいま、クロ」と言うのが日課となっていまし た。雨の日も寒い日も私を待っていてくれるクロに次第に愛情が芽生え、居酒屋で余った食べ物を与えるようになりました。飼い主に置き去りにされて人間に心 を開かなかったクロもいつしか顔をあわせれば尻尾を振ってくれるようになり、餌も私の前で食べてくれるようになりました。自宅で飼おうとも思ったのです が、クロは家の中には決して入ってこようとはしませんでした。このまま自由な生活が彼には合っているんだなと思い直し、帰りを待つクロに餌を与えるだけに しました。

しかし、その後クロは2匹 を引き取ってから姿を見せなくなり近所で見かけても、以前のように近づいては来なくなったのです。噂では新しい飼い主さんが出来たようで新しい首輪を着け てもらっていました。寂しい気持と共に、やっと幸せになれてよかったという、安心感でいっぱいでした。そのクロが私達を助けに来てくれた。野犬達に一匹で 立ち向かっていったのです。咄嗟に逃がしたコーギーも無事見つかり、今でも仲良く暮らしています。数年後クロは引き取られた家で亡くなったそうです。

供養塔の前でいつも「ありがとう、クロ。天国で幸せにね。」と、手を合わせています。クロとの出会いが無かったらこの子達を保護する事もなかったかもしれません。この二匹の子達と共にクロは今でも私の心の中で生き続けています。

 この話を皆さんに聞いて頂ける事で天国のクロが喜んでくれるかな、そう思い手記にしてみました。

 

 動物と人間、いつまでも支えあって出会えた事を一生の宝物にしていきたいですね。

不思議な出来事

あの時の夢は、生涯忘れる事の出来ない夢になりました。

 13歳のシーズー犬ナナは 1度も病院に行くこともなく元気に過ごしていました。ある日、歩いていて突然倒れ、何度も起き上がろうとしては倒れるという状態になり、びっくりしたので すが、餌も食べるしナナも歳だからかな、と安易な気持ちでいました。その夜、ナナが変な奇声を上げてその声が『助けて』と叫んでいるように聞こえました。 これはただ事ではないと感じて、朝をまって一番に病院に連れていきました。診察台に乗せたナナは立てない状態で口の中が真っ白で舌も真っ白でした。先生に 『貧血を起こしています。すぐに輸血しないと助かる見込みはありません。』と言われました。うちの家には他に中型犬がいたのですぐにその子を連れて病院に 行きました。先生は中型犬の子を診察室に連れて行き『夕方に来てください』と言われました。もう家に帰り2匹の子の無事を祈るだけでした。夕方に心配しな がら病院に迎えに行き、診察室で待っていると中型犬の子は元気に診察室に戻ってきました。先生からは、『この子から200㏄の血液をナナに輸血しました が、ナナはまだ危ない状態なのでこのまま入院させます。』と言われました。毎日病院に通いましたがナナは寝たきりで立つことすらできませんでした。

私は10数年前にシェルティのボーイと いう子を病院で亡くしていました。その時、看取ってあげることも出来ずに一人寂しく病院のオリの中で息を引き取ったボーイのことを、ものすごく後悔してい たのです。ナナをボーイと同じ目に合わせたくないと思い、寝たきりのナナを家に連れて帰りました。13歳という年齢なのでいつかはと覚悟していたのです が、実際に目の前で病気と闘っているナナを見ると辛くて何も出来ない自分にいらだちさえ感じる毎日で、唯々ナナの生命力を信じて祈るしかありませんでし た。

その夜、私は不思議な夢をみました。 

私 の右腕にはナナを左腕にはもう亡くなっているはずのボーイを抱いていました。夢の中でもナナはぐったりしていて『死んだらあかん、がんばってや』と何度も 何度も泣きながら叫んでいました。左腕に抱かれているボーイはハァーハァーと舌を出して私をじっと見ていました。それを夢の中の私は不思議だとは感じてい ませんでした。でも今まで元気だったボーイが急にガクッと力が抜けて突然私の腕の中で亡くなってしまったのです。私はびっくりして『なんでボーイが死ぬの 起きて!起きてよ!ボーイ』と泣きながら叫んでいました。その時、すっと目が覚めて起きてからも涙が止まらず、嗚咽している状態で夢か現実か分かりません でした。ハッと我に返り“もしやナナが”と、あわててナナの姿を見に駆け寄るとスースーと寝息をたてていました。“よかった。ナナは無事だった”と、安堵 しました。心の中でもしかしてボーイがナナを連れて行ったんじゃないかとちょっと心配になっていました。その朝、いやな気分のままナナのそばに行くと私の 気配に気付き私を見るなりいきなり立ち上がりトボトボと歩いてきたのです。私はもうびっくりして思わずナナを抱きかかえ『ナナ、ナナ』と涙しました。元気 だった頃のナナではありませんがその日から立ち上がり歩いたのです。それから日毎に自分で餌も食べられるようになりました。病院で検査の結果もだいぶ正常 な状態に戻り『この子の生命力の強さもさることながら、熱心な看病のおかげですね』と病院の先生に誉めて頂きました。今思うとあの時、私はボーイがナナを 連れて行ったんじゃないかと疑っていましたが、そうでは無くボーイはナナを守ってくれて病気を持って行ってくれたんだと信じています。

そ れから3年、ナナは元気に過ごし老衰でこの世を去りました。今、ナナとボーイは霊園の納骨堂の中で並んで一緒にいます。毎日、手を合わせ『ボーイ、あの時 はありがとう。疑ってごめんね。これからもナナと元気でいてね。』と祈っています。偶然かもしれませんがあの時の夢がナナを元気にさせてくれて、それから 3年も一緒に暮させてもらって長生きしてくれたナナとボーイに今でも感謝しています。